皮脂を取り清潔にするから

  • 2020.01.25 Saturday
  • 18:16

皮脂を取り清潔にするから

 

現在の日本人ほど毎日洗髪して頭皮を清潔にしようとしている民族はいません。戦前・戦中・戦後の頃でも週に1回洗髪すれば良い方だったのに、どうして毎日シャンプーで清潔にするようになったのでしょう?

 

それは、1990年代に10社以上あった育毛サロンがTVや雑誌等のマスメディアを利用して、「皮脂で毛穴が詰まって毛が生えなくなっている。薄毛・ハゲになりたくなければ頭皮の皮脂を取るように良く洗え!」と告知したのですね。

 

毎日洗髪する人がほとんどに

 

結果、ほとんどの日本人が毎日シャンプーを使って頭皮を清潔にするケアを始めたのです。

2日に1回とか3日1回の洗髪だと不潔だと言われるようにもなり、毎日の洗髪が当たり前になってしまったのですね。

 

その結果として薄毛にならない人やハゲにならない人が増えれば良いのですが、実は薄毛になる人が増えて、かつ薄毛やハゲにならないと言われていた女性にまで薄毛人口が広がったのです。また、若年化しているのも特徴的です。

 

頭皮のトラブルも増える

 

頭皮のトラブルに見舞われる人も増えました。事例をあげると

 

  • 皮脂の分泌が増えて、頭皮が脂っぽくなっている。
  • フケ症になり、不潔に見えるようになった。
  • 頭皮が脂っぽく匂う。頭皮が匂うようになった。
  • 頭皮がひどく痒くなった。
  • 頭皮が赤くなってしまった。
  • フケが出てひどい痒みを感じたので皮膚科に行ったら、脂漏性湿疹・皮膚炎と診断された。

 

皮脂を取るのが薄毛になるスタートライン

 

皮脂を取り始めると皮脂の分泌が増えて、かつ保護膜である皮脂を取るので頭皮が弱ってきます。皮脂の分泌が増えて頭皮が弱って血行不良・血流不足の頭皮になってしまうのです。

 

アトピー体質の人や皮膚の弱い人なら、20歳代後半ごろに髪の毛の異変を感じるようになり、30歳を超えたあたりから薄毛になってきます。普通の皮膚の人なら30歳の半ばころに髪の毛に異変を感じるようになり、40歳前後で薄毛になってきます。

コメント
コメントする